fbpx

Elämäプロジェクト

こんにちは、どさんこ大学生RUNAです!

あくまで個人的な意見ですが、映画は家より映画館で見る方が何倍も楽しく見ることができると思っています。

「個人的な意見ですが」

「個人的に」

私は、集団の中で発言する際に、よく使っていますが、みなさんは、このような言葉をつけて話し始めることはありますか?

さまざまな言葉がある中でも、よく使われるこの前置きフレーズが対話を難しくさせるものになっているかもしれない。

今回は、「個人的な意見ですが」について考えていきたいと思います。

「個人的な意見ですが」は使い勝手が良い?

よく「個人的な意見ですが…」を使う場面を見るのは、組織・団体・役割がある人や、社会的な影響力を持った公人と呼ばれる人が話すときだと思います。

私も、普段は学校という集団に属していますが、影響力もないのに、なぜか「私の意見は」ではなく「個人的な意見ですが」と前置きしていることが多い気がします。

なぜ私たちはこんなに「個人的な意見ですが…」を使ってしまうのでしょう?

その理由を3つ考えてみました。

1つ目は、謙虚な姿勢を示せるからです。

「私は〇〇」の方は”自分自身”を強く主張しているように感じます。

一方で「個人的には〇〇」は自分の考えや立場を集団の中の一部の意見として扱うことで、控えめにしているように思います。

2つ目は、一種の接続詞みたいになっており、使いやすいからです。

「しかしながら」や「ところで」の代わりに「個人的な意見ですが…」は使えます。

個人の視点を前の会話とどのようにつなげるかという接続詞的な役割として重宝されているように思います。

3つ目は、”人それぞれ”であり、「あなたを否定するつもりはない」とういうことを強調できるからです。

このパターンで使われることが、多いのではないでしょうか?

「親的に」、「会社的に」、「男性として」、「女性ならば」など何らかのカテゴリーや規範を持ち出すと、相手を傷つける恐れがあったり、また相手に何かを押し付けたりする可能性も出てきます。しかし、「個人的に」を使うことで、相手を否定するような表現を避けることができ、さまざまな人の考え方や主義・信条を尊重していると伝えることができます。

攻撃されないように、決めつけではないと知ってもらうために、周りにも同じ考えを強いているわけではないとわかってもらうために、この前置きを使っていると感じます。

「ワタシ(私)的には…」が2000年の流行語大賞のトップテンとしてノミネートされました。今と同様に当時も、断定をさけるあいまいな表現として、その時代の若者が使う「ぼかし言葉」が多用されていました。

このように、さまざまな意味を含められる「個人的な意見ですが…」からみえてくるのは、”使いやすい”面だけでなく、逆の”使わざるをえない”状況です。

間違うことを恐れる私たち

「それは違う」と間違いを指摘され、ミスを叩かれる。

私たちの世界は、”間違い”や”ルールと違うこと”にとても厳しい。

ちょうど2年前、私は「正しさ」に基づいた「攻撃」や議論について考えていました。

なぜなら、コロナ以降、自分にとって悪い影響がなくても、マナー違反行為を激しく非難するなど、”正しさ”に過剰反応している風潮がよく見られたからです。

中学生の時、なぜか極寒の北海道でタイツをはくのは禁止という変な決まりがありました。

猛吹雪の中でもスカートに靴下で行かなければならない。

冷えによる体調不良になった私は、そのルールの意味が分からず、隠れてタイツをはいて登校して、先生に見つかりました。

先生は「個人的には寒いのは分かっているんだけど、学校の決まり、伝統だからね」と言って、タイツをはくことを許可してくれませんでした。

私は、この対応がとても印象的な記憶として残っています。

先生は「個人的には」という言葉を使って、組織のなかにいながらも私に対して中立的立場を表していました。でも、タイツがダメな理由はただ「学校という世の中のルールに反しているから」という納得できないものだったのです。

去年、「バスの運転手がサービスエリアでカレーを食べている」というクレームがバス会社に入り、そのバス会社で働いている人がクレームの内容を投稿して注目を集めました。

「クレームをつける方がおかしい」、「バスの運転手の飲食が無礼な行為だ」という意見も見られ、論争が起こりました。

また、救急隊がコンビニなどで買い物をすることについて”いろいろな意見”があるとして理解を求めるお願いを文章で投稿したものもありました。

自分にとって迷惑ではなくても、「みなさんどう思いますか?」と、多くの人が規則を決めた側かのように、世の中的に失礼だと捉えられる人や、ルールを守っていない人など、見つけた「間違い」を議題に挙げようとします。

このように少しでも「間違い」を言ってしまったら、容赦ない追求にあうかもしれない。

そう思うと、攻撃されないための予防線として「個人的な意見ですが…」を使う必要が出てくるのです。

「私」=属性とセットで認識される存在

そして、「個人的な意見ですが…」をよく使うのは、「私の意見は…」を伝えても大丈夫だと感じられる場がないからかもしれません。

本来「私は〇〇だと思います」とはっきり言えることは素晴らしいことですよね。しかしそれができない。そもそも対話を試みている場がどのようなものか見たことがないので、どうやって対話を行うのか分からないと思っている人も少なくないと思います。

討論・会議・議論・話し合いは、どれも違いがあります。しかし、対話とそれらの大きな違いは、対等な立場で話ができるかどうかだと思います。

議論などでは、集団に属しているひとりとして発言する際の暗黙のルール、例えば、意見がまとまっていること、急いで進めること、正しく決めること、勝つこと、結論を出すこと、相手を傷つけたり怒らせたりしないことなど…”しないといけない”、”するべき”みたいなものがあると感じるのです。

私は、中学生から始まる部活など集団行動の中でパワーバランスの存在を見てから、規律や常識、上下関係を優先させた上で話すことが大切だと学びました。

その頃から、集団の中で若輩者が話せる雰囲気ではないと感じ始めたり、発言するのが怖くて言葉に詰まったり、わかっていないのに理解したふりをしたりするようになりました。

なので、私の意見を主張するよりも、「個人的には」を使って、その場では波風を立てないように進めるのを最優先するのです。

また、SNSのプロフィールや投稿で「発言は個人の見解に基づくものであり、所属組織を代表するものではありません」という一文を目にしたことがあります。

この言葉が必要になる理由は、あらゆる人がその人単体で認識されることはなくて、職場や立場などの属性とセットで認識され、自らもその所属組織の一部であると意識せざるを得ないからです。

自分を集団の中から独立した存在だと思えたら「私の意見は」と言えるのかもしれませんが、私たちは自分が周りとの関係で存在していると認識しているので、「個人的には」を使うべきだと考えてしまうのだと思います。

「私の言葉」を伝えても大丈夫だと思える場

自分の主張を控えめにして、人それぞれであることを強調する「個人的な意見ですが…」が、わかり合うための対話では、逆に使いづらい言葉になると思うのです。

なぜなら、謙虚な姿勢を見せることで逆にえらい人の意見じゃないから気にとめなくても良いという意味にも捉えることができたり、人それぞれと言うとそこで話が終わってしまったりするからです。

ただ自分の想いを話して、相手を見て、言葉を聞いて、本音を交換できる場所のある人が、今どれだけいるのでしょうか?

一時期、「それってあなたの感想ですよね」、「そういうデータあるんですか?」など、他者を言い負かす「論破」という言葉が注目を集めました。スピード勝負で主張し、相手の意見や主観を否定する姿勢をとり、根拠を提示して追い込む。

そんな会話や議論は、メディアで取り上げられ、言葉を交わし合うことがすべて勝ち負けとつながっているように感じさせる様子が、小学生から大人にまで流行しました。

大学生になって議論する時には、「〇〇の観点によると…」、「〇〇氏によれば…」など根拠になるものを示した上で、自分の考えを言うようになりました。

そしてミスが攻められる議論の時こそ、「個人的な意見ですが…」は、間違いかもという心配な部分に保険がかけられるので使いやすいのです。

「間違い」を恐れると、「わからない」を共有することはできません。なぜなら、「わからない」は「負け」すなわち”弱さ”の印の1つだと思われているからです。

勝ち負けという優劣の関係ではなくて、対等な立場で感情や考え、想いを対話して共有する。それは、自分のことや弱さをさらけ出すことなので、すごく怖くて難しいことだと思います。

完全にオリジナルではなくても、言葉が見つからなくても、分かり合えなくても、誰かと対話することで”私の言葉”がつくられるかもしれない。

私の話をしても大丈夫だと思える安心できる場を築けるかもしれない。

周りの誰かが本当の想いを話そうとしてくれた時は、ただ真剣に、共感できても、できなくても最後まで聞いていきたいと思うのです。

そして、たまには「個人的な意見ですが…」ではなくて、「私の意見は…」と、受け取ってくれる誰かがいるかもしれないと思いながら、”私の言葉”をつくっていきたいと思うのです。

なぜなら、”私の言葉”を言える・聞ける居場所があること自体が、私にとって幸せだと感じるからです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こんにちは!いけかよです。

みなさん、日々ご機嫌に過ごしていますか?

かくいういけかよは、最近けっこうイラッとしています。やってらんねー、と思うことが増えています。

というのも、少し前に新しく受注したお仕事が(いけかよはフリーランスです)、思っていた以上に手がかかり、時間もかかり、結果的に相手とのコミュニケーションに違和感を抱き、やたらとエネルギーが奪われ、こんなフィーじゃやってらんねー(ゲボという状態に陥っているから。

いきなり暴言でごめんなさい!

今回の記事でグチり倒したいわけでは、もちろんありません。

この(ゲボ状態、いけかよは陥ってよかったと思っているんです。

今回は、そんな「お仕事における幸せ」をきっかけに、自分にとっての幸せの輪郭をまたひとつ発見した、というお話。

「嫌や」の気持ち、ありがとう

フリーランスにとって、いきなりお仕事がなくなることはよくあることです。でも、それがあるからこそ新しいことにチャレンジすることができるとも言えます。

しかし、働かなければ生活ができませんから、お仕事が減ったときには新たなお仕事をいろいろ掴みにいくわけですが、会社員のときも含め、20年も社会人をやっていますと「こういうのが自分の強み」「こういう仕事がやりたい」「こういうことはやりたくない」というある程度のものさしはできてくるわけです。

これまでなんどもなんども心身を病みながら仕事をしてきた賜物です。

よって、フリーランスになって「無理ですごめんなさい」と簡単には言いにくくなったことと、仕事内容も働き方も多様になったことで、より真剣に、細かく「自分が本当にやりたくて、かつ、無理しないで続けられる仕事ってどんなことだろう?」と、さまざまな条件からお仕事を吟味するようになりました。

そのへんの考察は、こちらの記事にまとめましたのでよろしければご一読ください。

水が合えば稼げる。働くためにわたしたちが投資する「資本」のマネジメント

そして、その結果ゲットしたこの新しい仕事、少し前に経済的にも心理的にも余裕がなくなってきた頃にやっと掴んだ案件でした。

もちろんほっとしましたし、最初はとても評価していただき、とてもありがたかったのですが、始めて2ヶ月も経った頃にはすでに冒頭のように「うざい、やめたい」となっていました(笑)。

なぜか?

「こういうのは嫌や」と思えたからです。

は?とお思いでしょうか。

もっと詳しく言うならば「『こういうのは嫌や』と思っている自分をはっきりと認めることができた」ということです。

自分のなかの「嫌だ」という感情をしっかりと感じ、認め、自覚したのです。

何言ってるかわからないとお思いでしょうか。

でも、いけかよにとってこれはけっこう大きな変化だなと感じています。

なぜなら、いけかよは元来わりと生真面目で我慢しがちで自己犠牲的な性格であったため、嫌だな、と感じることがあってもそれをねじ伏せて無理してがんばってしまう癖があったからなのです。

その仕事がしんどいとか、相手が苦手だなと思うこと、ネガティブ感情を認めてしまうことがいけかよはすごく怖かったんです。その「嫌だ」「うぜー」という気持ちがどんどん増幅していきそうで。

「『嫌だ』なんて思っちゃいけない」

「『こいつウゼー』なんて思っちゃいけない」

「『しんどい』なんて今だけ、気のせい」

こんな気持ちで心身に鞭打っていれば、そりゃ病むよね、というかんじでしょう?

なので、前述のように、なんどもなんども心身を病みながら仕事をすることになったわけです。

でも、わりとこんなふうに自分のなかのいわゆるネガティブ感情に蓋をする癖がついている人は多いんじゃないでしょうか。

こと、仕事やパートナーシップなど、自分の生活の根幹を成すものならなおさらです。

でも、実際は逆なんですね。

ちゃんとその感情をしっかり感じきってあげること、それこそが楽になることへの第一歩なのです。

ミケランジェロもロダンも言ってる

いけかよは、幸せって彫刻みたいなものかも知れない、と思うのです。

彫刻って、いきなり完成形がそこにあるのではなくて、1つの木片や石を削っていって、なんどもなんども削って、いろんな面から整形していく。そしてある時「やった!完成!」って思ってもそれは全体像の一部に過ぎず、また別の角度からみればまだまだ彫る余地はあって、そっちを彫ったら違う美しいラインが現れて…、という作業の繰り返しが、彫刻という芸術なのではと、想像します。

絵画と違うのは、彫刻はいらない部分を「削っていく」ものであること。絵画のように、絵の具を「塗り重ねる」ものではないのです。

これを人間に置き換えるなら、自分にとって不要なものを削っていくということですね。

そう、「嫌だな」という部分です。

人生において「嫌だな」と思うことを削っていくこと、これが幸せの第一歩なのだといけかよは思うのです。

そのためには、「嫌だな」という気持ちと事象をきっちり受け止めなければならない。彫刻家も、コンマ一秒の世界で不要だと判断した部分がわかったからこそ削っているはずなのですから。

かつてのいけかよは、これができなかったので、なかなか楽になれなかったんですね。

でも、いまは「嫌だ」を昔よりクリアにしっかり受け止めることができます。感じてはいけない感情なんてないのだと知ったからです。

そして、それをしっかり受け止めることで、「じゃあこいつを手放そう」と思うことができるようになったのです。

彫刻の巨匠たちは、異口同音に以下のような言葉を残しています。

どんな石の塊も内部に彫像を秘めている。それを発見するのが彫刻家の仕事だ。ミケランジェロ

芸術作品はすでに大理石の塊の中にある。
わたしはただ必要のないものを切り落とすだけなのです。
ロダン

これ、「石の塊」を「人間」に、「彫像」「芸術作品」を「幸せ」に言い換えてみるとどうでしょう?

そしてそれを完成させるのはほかでもない彫刻家=自分なんですよね。

生まれてきてからウン十年の間に、いろんなよけいなものを背負い込んでしまったわたしたちは、本来の美しい姿を石の塊のなかに埋め込まれてしまったとも言えるかもしれません。それは、欲とか不安とか世間体とか嫉妬とかの、「エゴ」と言われるもの。もし今、生きづらいとか幸せってなんなのかがわからなくなっている人はきっと、取り急ぎ「削る」作業が必要なのです。

そのためには、しっかりネガティブな気持ちを受けとめ、何が嫌なのかを見極めなければいけません。

削るべき箇所がわからなければ、どんな天才彫刻家も削ることができないからです。

「ウェルビーイング」は彫刻的幸せから考えるとしっくりくる

わたしたちは、いまの自分になにかをプラスすること=絵画的な、塗り重ねることでの幸せを求めがちだけど、それよりも先に必要なのって彫刻的な幸せ=いらないものを削ぎ落としたニュートラルな自分になること、だと思うのです。

絵画的な幸せは、資本主義と親和性が高いかもしれませんね。「もっとこれがあれば幸せになれるのに!」という欲望を刺激される渇望は、潤された瞬間に虚しいものになることが割とあるというのは、このコラムを読んでくださっているあなたであればすんなり腑に落ちてくださるはずです。

(絵画という芸術をディスって彫刻という芸術を賛美しているわけではないですよ、念のため!ここではあくまで比喩表現。いけかよはどっちも大好きです)

いっぽう、昨今叫ばれている「ウェルビーイング」は、彫刻的な幸せに近いと言えます。自分にとって大切なものはなにか?そしてそれのバランスは取れているか?ということがその理論の根幹だからです。

仕事、お金、パートナーシップ、健康、時間…。人間に必要なものはさまざまあれど、どれかが過剰に多くても少なくても人間は病みます。いみじくも、彫刻がきちんとバランスをとってつくられていなければ倒れてしまうことと同じですね。

でも、いまこの「ウェルビーイング」がなんだかよくわからないと思っている人が多い理由は、絵画的な幸せを求める価値観に染まりすぎているからなのかも、といけかよは思うのです。

それは、さまざまな人がいらっしゃることは大前提ですが、これだけ物質的に恵まれていて、今日明日に殺される恐怖もなく、かつ思い切り資本主義の日本では、「なにがあれば幸せになれるのか」という思考になるのも無理はありませんよね。

でも、そうじゃなくて、いまよけいなものを背負いすぎているわたしたちは、視点を変えて彫刻的な幸せを考えてもいいと思うのです。つまり「なにを捨てれば幸せになれるのか」です。

それは、イラッとする会社の上司との関係性かも知れないし、ファンデーションかもしれないし、まったくペイできてないサブスクかもしれないし、楽しくないのに断る言い訳が見つからなくて仕方なく参加する飲み会かもしれないし、義務感にかられてイヤイヤやっている家事かもしれない。

これらの「嫌だ」と思うことを削ることで、自分のより本質的な幸せを発見することができると思うのです。上塗りする絵画的な幸せはその後からでいい。

しかも、素敵なのはこの彫刻的な幸せも変わっていくこと。「見つけた!これが最高のフォルム!」と思っても、いつしかあれ?と違和感が芽生えて、またそこを削り直していくかも知れないのです。

人生において幸せというものが1つの側面だけではないのと同じで、彫刻もいろんな部位があってバランスを保たれて最高傑作になっていく。その途中は、腕はできた、でも足がまだ…、足できた!と思ったら、その足は頭とのバランスが違う気がする…、など、試行錯誤の繰り返し。

人間の幸せで例えたら、「完成!」っていうときはもしかしたらもうこの世にいないかもしれないのですが、どれだけバランスが悪かろうとも、完成から程遠くても、懸命に美しい形をつくろうと試行錯誤すること、それこそが「生きる」ということなんじゃないかと、いけかよは思うのです。

2024年は宿題をがんばる

というわけで、冒頭の話にもどると、いけかよは「うわー。嫌や」と思えたことで、削りたい部分がわかったんですよね。それがすなわち「自分の幸せの輪郭が少し見えた」ということなんです。

まだそのお仕事を完全に手放したわけではないのですが、「嫌や」という感情、そして何が嫌なのかを、しっかり自分と向き合って特定&言語化中です。

そういう意味でいうと、ネガティブな気持ちを与えてくれたこの案件には感謝です。それがわからなければ、自分にとっての幸せには近づけないのだから。

そして同時に、「嫌やな」と思う部分をどうすれば避けながらタスクをこなせるか、ということも考えていける。

つまり、日々、疲れはてていたりモヤモヤしたりイライラすることは実は幸せに近づくためのチャンスなのです。

しかしいかんせん、わたしたちはそういった感情を扱うことが苦手です。つい「臭いものに蓋」戦法や「あいつが悪い」戦法を使いがち。ときには「自分が悪い」戦法も…。

問題はさまざまなので、何が原因なのかはケースバイケース。でも、明らかなのはそのネガティブ感情があなたのなかから湧き出ているということ。

それに向き合うために、このメディアの運営母体であるエラマプロジェクトは日々お仕事をがんばっているあなたに、ご自身の感情と向き合うためのプログラムをご用意しています。

【2024年2月開講】フィンランド式ウェルビーイングコース〜働き方&休み方を描く〜

今年こそはもっと幸せに働きたい!と思われる方は、ぜひご参加くださいね。

お仕事だけでなく、家事や育児、その他のなんらかの「義務」を背負っている人にはヒントになるポイントがたくさんあるはずです。

2024年は、冒頭からおおきな宿題をわたしたち日本人は突きつけられたなぁと感じることがあります。

でも、これも彫刻的幸せ理論で考えることにしました。

「不幸は、自分ではどうしようもないことをどうにかしようとすることから始まる」という主旨のことを、なにかの本で読んだんですよね。ほんとうにその通りだと思うんです。

いろんな出来事に苦しくなったり怒ったり落ち込んだりしていませんか?

災害だけでなく、プライベートなことでも重みは同様です。

まずは、その感情をしっかり味わって受け止めましょう。

そしてその次に考えるべきは、その問題は、あなたがどうにかできることでしょうか?あなたがどうにかすべきでしょうか?

ここで「自分にはどうにもできない」と認めることは逃げではありません。

「自分にはどうにもできない」とわかったら、それは手放しましょう。

そのうえでしっかりと、何がつらいのか?何に怒っているのか?を見つめてください。そして、できればそれを自分から削ぎ落としていきましょう。

この「削ぎ落とす」ことは、わたしたちが自分自身でどうにかできることですよね。

それができてはじめて、あなたがほんとうにすべきこと=「自分の幸せ」を見つけることのスタート地点に立てるんです。

でも、できないなら無理にする必要もないと思うのです。完璧な美しさの彫刻を築き上げることではなく、それを目指すプロセスこそが美しいといけかよは思うから。

そして、ひとりひとりが余計なものを削ぎ落としながら自分の幸せを見つけていくこと、それこそが、わたしたちに課された「宿題」だと思うのです。

では、また!

Text by いけかよ(よむエラマ編集長/エラマプロジェクトCPO)

こんにちは!エラマライターのひらみんです。

「ストーリーとか知らなくていいから、とにかく今週の話をTVerで見て!!!」

ドラマ「きのう何食べた? season2」第5話を見た後に、友達にLINEで送ってしまいました。

誰かに伝えたくなるほどに心が揺さぶられた神回をご紹介したいと思います。

※ネタバレを含みます。

ドラマの概要

よしながふみの同名漫画を原作にしたドラマで、弁護士の史朗と、恋人で美容師の賢二の同棲中カップルの日常生活が描かれています。史朗は西島秀俊が、賢二は内野聖陽が演じています。





日常生活だからこそ、同棲あるあるや、カップルあるある、仕事あるある、家族あるあるなど、自分の生活の中でも起きるような、ささやかな出来事ばかりです。だけど、「こんな風に言ってもらいたい!」などと、ドラマと自分の生活を重ねることができて、ドラマを身近に感じられるポイントが多いと思います。

毎回2人がテーブルを囲んで一緒に「いただきます」をするんですが、そこも、きちんと料理や相手に向き合っている感じがして、2人がこの同棲生活を大切にしていることが伝わってきます。それに、毎回、史朗さんが作る料理がすっごいおいしそうなんですよね。2人が「これ、おいしー!」「うん、うまいな!」って言いながらにこにこ食べているのも、ほっこりする理由なのかもしれません。

神回の第5話あらすじ

今回の第5話は、史朗の元カレである伸彦が初めて出てくるのですが、それは及川光博です。彼の冷たそうな見た目とモラハラ気質っぽい演技がドはまりして、ナイスな配役でした。

ある日、洗濯機の排水ホースの不具合で水が溢れて、その処理をしていた史朗は、元カレ伸彦と一緒に暮らしていた時にも、同じことが起きた時のことを賢二に話すハメに…。

排水口が詰まって洗濯機周辺が水浸しになったのに、伸彦は何の手伝いもせずに「昼メシまだ?」とか言うだけで、不機嫌そうに外出しちゃうんです。どんな時でもそんな感じで、モラハラに近い伸彦だけど、タイプすぎるビジュアルを理由に史朗は許しちゃっていた、とのこと。

別のある日、史朗が仕事から帰ったら、夕食に親子丼を作ろうと思っていたのに、玉ねぎがなかったんです。賢二がお昼ご飯で食べちゃってて。

玉ねぎがないなら、唐揚げにすることを史朗が提案すると、「仕事から帰ってきて、今から唐揚げなんて大変だよ。使っちゃって本当にごめん。スーパー近いし、今から買ってくる!」と、史朗が止める暇もなく、賢二はさっそうと買いに行っちゃいました。

ひとり取り残された史朗は、伸彦と暮らしてた時にも、似たようなことが起きた時のことを思い出すんです。

伸彦が、自分のお昼ごはんのために唐揚げかなにかを作って食べていて、史朗が帰ってきたらキッチンは後片付けされていなくて汚れたままだし、しかも、鶏肉は、史朗が夕食のために解凍していたもの。それを伝えると、伸彦から「俺も食費を出してる食材を使うのに、お前の許可を取らないといけないの?」みたいな返事が返ってくるんです。

過去と今を行き来して、「そうか、俺今幸せなんだ……」と賢二の優しさを噛みしめた史朗の目に涙。

ドラマの最後、後日談として、史朗は新しい洗濯機のホースがあることに気づきます。史朗は頼んでもいないし、賢二も買ったことをわざわざ報告するわけでもなく。

人を想い合うってこういうこと

今回のシーズン2全体では「人を大切に想う」がテーマであるように感じました。

第5話では、クリスマスということで、いつもより豪華なメニューを一緒に作っているんですが、健康のことを考えながらも賢二にとって思い出の大切なメニュー、明太子ディップを用意してます。

他の話でも買い物の時に「賢二が好きだからな!」という理由でちょっと高いけどナスを買ったり、史朗の遺産を賢二に残そうとしたり、史朗は、直接賢二に「好きだ」とか言わないんですけど、いろんな場面で賢二への愛がかいま見えます。

実は、玉ねぎのエピソードは、第8話にも再び登場します。賢二が史朗に「俺のこと思い出すとしたら、何を思い出す?」と聞くと、史朗は「玉ねぎ」って言うんです。賢二は、玉ねぎ?なんのこと?って感じなんですけど、史朗は心の中で「玉ねぎを買いに行ってくれたことだよ」と優しくつぶやくんです。

賢二を見つめながら、玉ねぎを買ってきてくれた日のことを思い出す史朗にまた泣けますよ。

それぐらい大切なエピソードが第5話です。

この記事を最後まで読んじゃった方は、とにかく第5話をアマゾンプライムで見て!!!

やさしさを上手に送って、受け取りたい

お節介とやさしさの線引きは難しいです。

どちらも「相手のために」という気持ちからきているのですが、軸がどちらにあるのか、というのが線引きのポイントになるようです。

相手が求めてないことだったら、お節介や余計なお世話になるし、相手が本当に求めていることだったら、やさしさや思いやりになるんだそう。

玉ねぎのエピソードでは、史朗が期待していなかった「玉ねぎを買いに行く」という賢二の行動は、今の史朗と、過去の史朗の両方を救ったんだと思います。

洗濯機のホースも、次に起きた時に使えるように、という気持ちから賢二が自発的に買ったものです。

賢二のやさしさを、史朗がうまく受け取れたから、史朗は救われたようにも思えて、人から受けたやさしさや愛を受け取ることも大切だなと思います。

ここらへん、賢二はとても上手で、不器用な史朗の愛をきちんと受け取っています。見習いたい!

実は私は最近、父から「忙しいだろうからご飯を作りに来なくていいよ」と言われるんです。というのも、母が、筋肉が弱まっていく病気だということがわかって、元気なんですけど、家事ができなくなったので、今は父がフルタイムで働きながら家事をやっています。

そういうこともあって、1週間に1回、母の様子見を兼ねて、実家に行ってました。ご飯に一番困っていそうだったし、自分ひとりのためなら作らないようなおかずを作ったりするもの楽しんでいたんです。

煮込みハンバーグとか、母が作ってくれていた名前のない料理を母に味見してもらって、「砂糖が足りない」とか言われながら作ったりしてました。実家から電車と徒歩で40分ぐらいのところに住んでいるので、そんなに負担でもないですしね。

それでも、父に「来なくていい」と言われてしまいました。これは「娘に負担をかけたくない」という父なりのやさしさなのでしょうか。それとも余計なお世話なのでしょうか。

私は、「父の家事の負担を減らしたい」と思ってやっています。親と過ごせる時間も限られてきているので、そういう時間も楽しんでいたのですが、おしつけがましいと思われているんでしょうか。遠回しに「来ないで」と言われているのか、時々わからなくなります。

父のやさしさと思って、言葉通りに受け取っていいのか、悩ましいところです。でも少し回数を減らしました。

人生はドラマと違ってうまくいきませんね。

やさしさを送ったり、受け取ったり、深読みしちゃたり、悩みながら私の人生は続きます!

Text by ひらみん(ふつうの会社員)

こんにちは、丹波フィンランド大使pieniです。

最近とても嬉しいことがあるんです。

家の近くに北欧食器を使ったメニューが楽しめるシネマカフェがあるのですが、そこでは北欧映画をたくさん上映してくれるんです。

アイスランドの映画「主婦の学校」、フィンランド映画の「魂のまなざし」、「AALTO」、「ガールピクチャー」、「マイヤ・イソラ 旅から生まれるデザイン」など。

数年前に上映された作品もありますが、地方ではなかなか見れなかった作品や、丹波フィンランド大使と名のるほど北欧やフィンランドが好きな私にとっては、とっても幸せなことなのです。

さて、私は映画を見るとしばらくその余韻に浸ったり、作品を自分の生き方と照らし合わせて深く考えることがあります。

今回は、マリメッコの伝説的デザイナーマイヤ・イソラの創作の源について描いた作品「マイヤ・イソラ 旅から生まれるデザイン」を見たときに「わたし自身の活動や取り組みの原動力ってなんだろう?」という問いが生まれたので、そこを見つめることにしました。

マイヤ・イソラの創作の源とは?

日本でも人気がある、フィンランドを代表するデザインブランド「マリメッコ」。

そのマリメッコの代表的なデザインである、ケシの花をモチーフとした「Unikko(ウニッコ)」をはじめ、数々のデザインを手がけた伝説的デザイナーが「マイヤ・イソラ」です。

マイヤはマリメッコの成長とともにデザイナーとしての才能を開花させ、活動期間の38年間でなんと500以上のデザインをマリメッコに提供しています。

大胆でカラフルなデザインは時を超えてもなお、暮らしを彩り愛され続けています。

そんなマイヤの創作の源はいったい何だったのか。

マイヤの娘クリスティーナや家族に送った手紙と本人の日記、クリスティーナへのインタビュー、当時の様子が分かるアーカイブ映像や写真をもとに、数々の作品が生まれた背景や、マイヤの創作の源に迫るアート・ドキュメンタリー映画です。

映画は、マイヤ・イソラの生い立ちから始まります。

13歳で一人暮らしを始め、厳しい戦時下(第二次世界大戦)を生き抜き、19歳の時に若くして結婚し、出産。しかしその後離婚。

そして娘を自分の母親に預けてヘルシンキの芸術大学に進学します。

初めての海外旅行先であるノルウェーで見た壺をデザインした作品を、大学のコンテストに出したことがきっかけで、マリメッコの創業者である「アルミ・ラティア」と出会います。そこからマイヤのデザイナーとしての人生が始まりました。

マイヤは創作のために、フィンランド国内にとどまらず、ヨーロッパの国々をはじめ世界中を旅します。

そこでの出会いや見たもの、感じたことを自分の中に落とし込み、エネルギーに変えて創作を続けていました。

旅先から、離れて暮らす娘のクリスティーナにあてた手紙や、日記に書かれた内容から、マイヤは何にも縛られることのない「自由」を愛し、それを実行することで生まれる「情熱」を作品へと昇華していたのだなと感じました。

「Unikko(ウニッコ)」が誕生した話は有名なのでご存じの方も多いかと思いますが、この作品もマイヤの自由を表現する情熱から始まっています。

1964年、マリメッコの創業者アルミは、花はそのままが一番美しいので、ファブリックのモチーフにすることは許可していませんでした。

しかしマイヤは花のデザイン(花シリーズ)を描きアルミに見せます。

そのデザイン達はアルミの心を動かし、中でも「Unikko(ウニッコ)」はマリメッコの代表的なデザインになりました。

ここにはマイヤの自由な創作や、決められた中にはとどまらない!というパッションを感じます。

Unikko(ウニッコ)のテキスタイル。この映画を見てマイヤの生きざまが見えるデザインが好きになりました。

「愛」から生まれるエネルギーもマイヤの源

マイヤは3回の結婚と離婚を経験しています。作品の中でも恋に悩んでいる手紙を娘に送っているのですが、私も娘を持つ親として「え!それを娘に言っちゃう?娘の心は大丈夫なの?」と勝手に心配になるほど恋多き人生でした。

しかし、その恋愛によって作風が変化するほど、相手への情熱や、怒り・孤独といった感情の起伏さえも彼女の創作の原動力になっていると強く感じました。

作中ではあまり語られてはいないのですが、恋愛とは違う、家族への「愛」も彼女の原動力になっていたのではないでしょうか。

それは世界中を旅するマイヤなので、どうしても娘のクリスティーナとは離れて暮らすことになります。

クリスティーナが子どものころ寂しかったり、マイヤへどんな気持ちを持っていたかは作中には描かれていませんが、大人になったときに母と同じマリメッコのデザイナーになっていることから、マイヤのデザインにかける情熱に共感したり、理解していた部分が多くあったのではないでしょうか。

それは、旅先から送られた数々の手紙の内容からも分かります。

一見、娘をほっておいて自由すぎると感じてしまうようなマイヤの手紙ですが、自身が感じることそのままをクリスティーナへ送り続け、見た世界を手紙を通じて共有することに、娘への深い愛があったように感じます。

クリスティーナの夏休みの課題だった植物採集を手伝う中でも「自然シリーズ」というデザインが生まれているのですが、娘への愛をずっと持ち続けることも、創作の源になっていたのだと思います。

マイヤのデザイン。時を超えても愛されている。

わたしの原動力はどこにある?

マイヤの原動力は、旅をしてそこで感じた物事を自分の中で自由に表現する喜びや、恋愛や家族への愛情から生まれる情熱だったと感じました。

この映画を見て、それぞれ人にはなにかしら人生を動かす原動力があるのだと強く感じたとき、マイヤのように大きな何かを成し遂げようとしているわけではありませんが、自分自身の原動力っていったい何なのだろう?ということを考えるようになりました。

例えば私の場合、フィンランドが好きで、フィンランドの雑貨やお菓子を販売していたり、イベントを開催したりしています。これの原動力は?と考えたとき「共有して一緒に喜んでもらいたい」この想いが私を動かしている事に気が付きました。

自分が好きだと思ったり、いいと思ったものや事柄に対し、ワクワクしたり、ときめいた気持ちをそのまま表現したい。そしてそれに共感してもらい、一緒に楽しんだり、心の中が彩られたり、幸せな気持ちになってほしい。よもや「人生変わったわ!」ぐらいまで感じてもらえるようなことがあれば最高に幸せです。

ある意味究極のエゴのような気もしますが…。でも私はそれを望んでいるから動いているのだと思います。

フィンランドに関わる活動だけでなく、書く仕事も同じ気持ちで、記事を通じて追体験してもらい、そこから各々の心の中を楽しんでもらいたいんです。

「自分の好きを表現して、追体験や共感をしてもらって、一緒に楽しみ幸せになる」

私を突き動かすこの想いを大切に生きていきたいです。

マイヤ・イソラを描いた映画を通じ、彼女の創作の源に触れることで、自分自身の原動力に気が付きました。とっても嬉しい心のギフトをもらったような気分です。

今回、映画から感じた気持ちを見つめてみて「私たちがそれぞれの人生の中で今やっていることには何かしら意味があり、それをするための源がある」と強く感じました。

生きていると嫌なことや困ったこと、放棄してしまいたいと思うことも出てくるのですが、その時に自身の原動力を思い出すと、しぼんだ心が復活したり、または新たな道へと自分の足で進むきっかけになると信じています。

それではここで、最後に問いかけてみます。

「あなたの原動力は何ですか?」

いちど振り返って考えてみてもらえると嬉しいです。

おまけ:Elämäな時間をあなたに!

映画「マイヤ・イソラ 旅から生まれるデザイン」に関する書籍があります。

映画のパンフレットとして刊行された本なのですが、マイヤを愛するデザイナーやイラストレーター、エッセイスト、哲学家たちのコラムやメッセージからマイヤの世界観や、創作の原動力について知ることができます。

ちなみに初版特典付きを購入すると、「マイヤ・イソラ 旅から生まれるデザイン」をオンライン視聴することもできますよ。

ちょっと立ち止まって自分のことを見つめてみるElämä(エラマ)タイムを一緒に過ごす本としてpieniからのおすすめいたします。

マイヤ・イソラと旅する手帖

Text by  pieni(ピエニ)(丹波フィンランド大使)

こんにちは。エラマプロジェクト代表、フィンランド生涯教育研究家・石原侑美です。

今日は冬至ですね。ご存知のように北半球では1年でいちばん昼が短く、夜が長くなる日です。

今年も調査研究のため、8月初旬から10月初旬の約2ヶ月間フィンランドに滞在しました。

冬になる前の時期でしたが、フィンランド北部の街に滞在したときは日の短さに気分が落ち込みぎみになりました。そんな経験も踏まえ、今回はフィンランドの暗くて長い冬をテーマにお話ししていきますね。

冬の準備は夏から始まっている!

日本では日焼けや紫外線を気にする方が多いと思いますが、フィンランドをはじめヨーロッパ全体では夏に上半身裸で外に出て日光浴をしている人が多いイメージはありませんか?

冬が近づくにつれ太陽の出ている時間がどんどん短くなるので、日差しを浴びられるときに浴びておこうという感覚なんですよね。ただただ肌を焼いているのではなく、冬の準備でもあるのです。

太陽の光を浴びるとセロトニンという物質が作られ体内時計が調整されますが、フィンランドの冬は日照時間が少なくなるためこのセロトニンが不足します。

そこでライトセラピーなど光を意識的に浴びてうつを抑制することを心がけている人が多いです。

また、マリメッコなどのフィンランドのテキスタイルは柄が大きいのが特徴ですが、家の中でも気分を明るくするためでもあります。

セロトニンの分泌を促進するビタミンDは食べ物からだけでは不足するため、サプリメントの摂取をフィンランド政府が推奨しています。

気晴らしできるものが少ないフィンランドでは、以前はお酒に逃げる人が多く、アルコール中毒者が増えたり、うつ病患者が増えて自殺率が高くなったりというのを繰り返してきました。そういった状況を避けたい考えが国をあげてのサプリメント推奨につながっているのです。

日本はフィンランドに比べると日照時間が長いので気づきにくいですが、もし鬱々とした感情を抱えている場合は、光が足りない可能性がじゅうぶんに考えられます。

昼の12時ですでに夕暮れ。北極圏の街・イバロでの経験

9月下旬にイバロという街を訪れました。地図を見ていただくと分かるようにフィンランドの北部で、北極圏の中に位置します。

イバロは冬至の前後1ヶ月はまったく日が昇りません。南にあるヘルシンキの冬至の日の日照時間は6時間弱ですがイバロまで行くと0分です。

9月下旬のイバロがどうだったかというと、お昼の12時からもう夕方のようなんです。冬の暗さにはまだまだという時期でも、毎日ほとんどの時間帯が夕方と夜という時間を過ごしていると些細なことですごく落ち込むことが多かったです。わたしだけかなと思っていたらパートナーも同じような状態でした。

日本で生活していると少し気分が落ちてしまったときには美味しいものを食べて気分転換をしたり、気晴らしにお気に入りのカフェに行ってみたりという方法もあるかと思いますが、イバロではそれができる環境ではありませんでした。

例えば日本で安く買える野菜もフィンランドでは600円〜800円(2023年9月時点)くらいするのでその点でも手軽に何かできるというわけではありません。

また、もちろんスマホを持っているので動画など見られますが、見ても全然気が晴れないのです。

イバロでの日々はじわじわとくるつらさを感じました。気分が晴れないと前向きに行動できないですし、そもそも体も動かしづらくなる感覚もありました。

季節性うつ病は、気分がその日の天気(光の時間と量)に左右されるものだそうです。そこで15時くらいに仕事を終わらせて、小高い丘にあるトレイルコースを歩いて気分を落ち着かせるという生活に切り替えてみることにしました。

フィンランドには日本のように高い山がありません。そこで、登山ほどキツくもないけど、散歩ほどラクでもないという、程よく体を使えるトレイルコースを歩きました。

大自然のエネルギーを全身で受けながら歩くと、多少気分が晴れるような気が。でも、太陽は夕方くらいの低さで、天気もスカッと晴れる日が少ない。ちょっとでも体を動かしていないと、狂ってしまいそうな気分でした。

この習慣を取り入れなければ、季節性うつの症状はもっとひどくなっていたのではないかと思います。

結果的に、イバロでの生活は予想以上に堪えたというのが正直な感想です。

逆に日本の恵まれている環境を実感することにもなりました。

フィンランド版大和魂「SISU」と幸福度の高さ

フィンランドには「SISU」という言葉があります。単純には訳せないフィンランド語のひとつではありますが、かなり分かりやすく表現すると「根性、忍耐」になります。

このSISUに関してはエラマライターズが記事を何本か書いていますのでよければそちらもご覧ください。

フィンランド魂「SISU」を理解して取り入れようー「フィンランドの幸せメソッドSISU」を読んで

自分にも他人にもやさしく。「EVERYDAY SISU フィンランドの幸せ習慣」 レビュー

フィンランドの「大和魂」を見た!映画「SISU/シス 不死身の男」が教えてくれる

フィンランドの人は暗くて長い冬を、時が過ぎるのを待つしかない状況を毎年体験していることで、つらいことがあっても一旦受け止める、自分の中で答えが出るまで待つといった習慣があるのではないかという気がしていました。

富裕層であればその時期イタリアやスペインなどの南ヨーロッパに行く人も多いのですが、それができる人ばかりではありません。

家の中でも楽しめるようなことを考え、ボードゲームが流行ったりテレビゲームが流行ったりします。また、黙々と編み物をしたり美味しいコーヒーを入れたりと、自分ができることをして淡々とステイホームするのです。

耐えて乗り越えるという経験を常にしていると言えます。

そういう生活をしていると小さなことで幸せを感じます。フィンランドの人々が素晴らしいからというのはもちろんゼロではないですが、やはり環境からの影響は大きいでしょう。

気晴らしするものが本当に少ないので、晴れていること、あるいはキノコが生えているといったことなど、ちょっとした変化に気づいたときに幸せを感じやすいのだと思います。

禅的な感覚を潜在的に持っているのではという話もフィンランドの友人たちとよくします。

家に帰ったらご飯を支度して読書してコーヒーを飲んで、という淡々としているかもしれない生活も、フィンランドの人にとってみれば普通の暮らしなんです。

日本では、シンプルな生活に飽きる人は一定数はいるのではと思います。そうなると旅行に行こうとか引っ越そうとかを考えがちですが、フィンランドの人はそれがかなり少ないのです。

日本では新年度は桜の季節で明るい印象があります。しかしフィンランドの学校の新年度は、秋口になり晴れる日が少なくなってくる8月下旬なので、曇天を見ると新しい学期が始まる季節が来たなと感じるのだそうです。

そういった話からもフィンランドは暗さと密接な国なんだと感じます。

「SISUツアー」開催します!

SISUにはもうひとつ「勇気を持つ」という意味があるのではと思っています。

それは大きなことでなくても「ちょっとしたことだけど自分にとっては大きな意味をもつ勇気」ということです。

2023年8月にひさびさのフィンランドツアーを開催しました。そのときの経験や帰国後に子どもも大人も小さな一歩を踏み出したり変化を感じたりした話を参加者からうかがい、新たなツアー企画を考えました。

時期は2025年の3月なのでかなり先ですが、SISUを体験するツアーが開催されることを頭の片隅に置いておいていただけるとうれしいです。

詳細が決まりましたらHPや各種SNSでもお知らせしますのでぜひフォローしてくださいね。
今後のエラマプロジェクトにもどうぞご期待ください!

By 石原侑美(エラマプロジェクト代表)
Interview & Text by nakagawa momo(フリーライター)

こんにちは、どさんこ大学生RUNAです!

もう今年が終わってしまいます…悲しいです。

今回は、私が今年感じていた不安や、ずっと心に留めていた言葉についてお話ししたいと思います。

2023年が終わってしまう前に、一緒に今年考えていたことを整理してみませんか?

不穏な空気が当たり前に存在する怖さ

私は、予測できなかったり、ありえないと思っていたりすることが次々と起こる状態にいつしか慣れている自分を怖く感じていました。

また地震、また災害、また異常な暑さ、また警報音、また事件、また異常な出来事…それらがテレビ、SNS、ネットから流れてくる。

何かが起きたと思うと、すぐにまた次の何かが起きる。

知らず知らずのうちに、衝撃を受けたことを忘れて、次の何かの情報を知る。

今年起きた国内・海外のニュースを調べると…つい半年前のことがだいぶ前のように思えてしまいます。

異常な出来事を、毎回直視して受け止めていくほど心は丈夫に作られていないので、いつも通りの出来事として消費できるようになってきているのかもしれません。

一方、テレビでは遠くの国で活躍している選手の情報が繰り返し流されたり、「昔はいい時代だった」など昔と今を比較したり、海外の人が褒める日本の良いところを特集したり…。

それらの番組は、一時的にみんながポジティブな気持ちになれるものとして作られているようにも思えてしまいます。

異常、怒り、楽しさ、悲しさ、羨ましさ…。ネット時代において、反応が伴うものは何もかもコンテンツとなって大量に消費されていっているように感じます。

消費されていった先に何か生まれるものがあるかもしれません。しかし、それ以上に消費されては忘れられ、また新たに関心が生まれては消費され、の繰り返しを私は不思議に思えてしまうのです。

自分ごととして捉えて向き合い、自分の考えを持っておきたい議論や問題があるのに…。

生産性や効率性、コスパやタイパが求められている今の社会において、1つ1つ立ち止まって問題や議論に向き合う時間はムダかのように、どんどん新しい事実、ニュースが登場します。

そして、それらを取り入れないと、周りの話題や社会の状況に追いつかないこともあるかと思います。

それほど、多くの関心が四方八方に生まれているのは、逆に無関心が中心にあるからのように思うのです。

自分のことで精一杯で余裕もできないからこそ、重大な出来事に当事者意識が持てず、逆に色んな情報をざっと目を通して終わらせることができるのかもしれません。

しかし、今世界では直視できないほど残虐な行為が行われている場所があります。

急に始まって、急に自分を取り巻く世界が一変する。

そんなことが起こってしまう。

明日私たちの世界も変わってしまうかもしれない。それはありえないことではない。

そんな世の中に誰もが生きているように感じています。

ありえないことが、ごく普通に存在しているかもしれない。

それがかえって怖いことだと感じるのです。

文化や芸術の中に“よりどころ”を探す

いきなりですが今年を思い返すと、いつもは出かけない元日に喫茶店に寄る機会がありました。

その時、「誰もが孤独の時代、人間性失わないで」という印象的な見出しが目に入ったのです。

それは、2015年にノーベル文学賞を受賞し、代表作の「戦争は女の顔をしていない」などで知られているベラルーシの作家、スベトラーナ・アレクシエービッチさんの言葉でした。

新聞を広げて読み進めると、今年ずっと頭の片隅に残って忘れられない2つの文章に出会えました。

「私たちが生きているのは孤独の時代と言えるでしょう。私たちの誰もが、とても孤独です。文化や芸術の中に、人間性を失わないための、よりどころを探さなくてはなりません。

「近しい人を亡くした人、絶望の淵に立っている人のよりどころとなるのは、まさに日常そのものだけなのです。例えば、孫の頭をなでること。朝のコーヒー一杯でもよいでしょう。そんな、何か人間らしいことによって、人は救われるのです。」

あってはならないことである戦争や、人権も尊厳も認められない環境では、“人間らしく”生きようとすればするほど厳しい状況に陥ってしまうのかもしれない。戦争を描いた映画や本で感じたことです。

アレクシエービッチさんは、「人間の文化的な部分が失われてしまう」ことを「獣に変貌する」と表現していました。

そして、作家とは何かに関して「人の中にできるだけ人の部分があるようにするため」に働いていると話していました。

文化や芸術の中に”よりどころ”を探すとは、どういうことなのでしょうか?

よりどころとは、頼みとするところ。支えてくれるもの。根拠。

ここでは、心のよりどころとして、心を支えてくれるものという意味で使われていると、私は捉えました。

今、人の“よりどころ”になっているのは目に見えるわかりやすいモノである気がします。

モノ、お金、承認欲求を満たすモノは、見えるわかりやすいモノだと思います。色んなモノが溢れているからこそ、孤独に陥っても楽しみ方を自分で探して選べる豊かな時代になっているのかもしれません。

モノ、お金、承認欲求を満たすモノも文化であり、芸術かもしれません。しかし私が思い描く芸術は、誰もが専門的に良い悪いと判断できるわかりやすいものではないと思うのです。

今年、初めて舞台を見ました。とても難解な作品で、最後にわかりやすい結末はなく、観客にストーリーを委ねる終わり方だったのです。

モノも人も命ある儚いものですが、それらは次々に新しくなって更新されていきます。

「劣化」という言葉が人にも使われ、推しが劣化したら新しい推しを見つける人がいます。携帯やパソコンも車もどんどん新しいバージョンにすぐ変えていく人がいます。

ですが、文化も芸術も、頭の中や心の中にあり続ける限りなくならないものだと思うのです。

映画『ラーゲリより愛を込めて』を見たときに、とても印象に残ったセリフがありました。

「書いたことは記憶に残っているだろう。記憶に残っていればそれで良いんだ。頭の中で考えたことは誰にも奪えないからね」

頭の中で考えていることは、誰にも奪えない。

私は、ドラマや映画が好きで、お気に入りの作品を何度も見て、セリフをメモしたりもします。そこで出会えた元気になる言葉、励ましてくれる言葉たちは、確かにずっと頭に残っています。

憎しみという狂気によって自分の中から獣が生まれないために、人の部分をなくさないために、文化や芸術の中に“よりどころ”を見つけることは、現代を生きる上で大切なことな気がします。

「人間らしさ」という想像力が”日常そのもの”の光となる

コロナ禍では非日常を経験し、それから日常が戻ってきたと思ったら、新しい日常と称される生活様式が生まれていました。

音楽やアートといった芸術は、日常が平和でなければ生まれず、触れられないものだと思います。

今、お気に入りの音楽を歌えるなら、思いもよらないことが起こったときにその歌が心のよりどころになるかもしれません。

今、好きな物語を覚えているなら、その物語がいつか心のよりどころになるかもしれません。

ネット社会になったことで、誰とでもどこにいても繋がれるようになった「ケイタイ」という世界が手の中にあります。それでも、この世界から孤独を消すことはできていません。

誰もが孤独を抱えているかもしれない。

Aさんにとって日常的なことでも、それはBさんにとっては一生忘れられない出来事かもしれない。

 Cさんから見るとボロボロで捨ててよいものだったとしても、Dさんにとっては思い出と記憶が詰まった宝物かもしれない。

Eさんはなんてことない言葉だと思って使ったとしても、受け取ったFさんにとっては心が傷だらけになる言葉かもしれない。

目の前にいる相手は、全く違うことを考え、違う価値観を持つ人だと知っているはずなのに、自分の価値観を当然のように振りかざしていないだろうか。少しでも間違っていると思うところを見つけたら、そこをめがけて攻撃していないだろうか。

そう自分に問いながらでも、対話を諦めず、1つではない色々な形のつながりを探したり、つくったりすることが大切なのかもしれません。

ただわかりあう。

それがどれほど難しく、わかり合ってくれた相手を大切に感じるか。

「違う」と拒絶されることに怯える人のそばで、ただ1人でも分かり合ってくれる、受け止めてくれる誰かがいる。その存在だけで人は救われるかもしれないと感じるのです。

ですが、それが人だけとは限りません。気持ちを代弁してくれたと感じる小説や映画、音楽、アートを“よりどころ”にすることができると思うのです。

また、文化や芸術から、誰かの“わかってほしいこと”を知ることもできます。

自分だけの考えや価値観でカチカチに固まって、他を感じれなくなったり、受け止められなくなったりしないためにも、日頃から文化や芸術に触れることは大切だと感じます。

私は、好きなアーティストさんのライブに行くと、自分を肯定してもらえる感覚になります。

その音楽に、「ここにいても大丈夫」「存在していい」と言われている気がするのです。あたたかいライブ空間に広がる音楽や言葉を浴びると、自分なりの希望を持つことができます。

好きな脚本家さんのドラマを見ていると、その人のメッセージや考えを知ることができます。自分にとって新しい価値観が加わることがあれば、わかるわかると大きく頷きながら見ることもあります。

なぜかずっと嫌な気持ちが抜けない時に、このままだと嫌いな自分に引きずりこまれそうだと思う時に、好きなドラマを見ます。

このドラマのここが好きだったんだ。このメッセージを大切に思っていたんだ。そう噛み締めると、もとの自分が戻ってきそうな気がするのです。

文化や芸術には、見えないメッセージで溢れているかもしれない。

そこには誰かの思い・感情・伝えたいことがあるかもしれない。

ただ通り過ぎようとしているけれど、少しでも立ち止まったら案外自分と共通した思いのこもった想いかもしれない。

見えるモノだけで決めつけてはいけない

誰もが孤独を抱えるこの時代に、その想像力があるだけで人と人が向き合って対話できる機会が生まれたり…誰かの伝えたいメッセージを受け取ることができたり…

その人なりのつながりをもてたり…救われる誰かがいるかもしれない。

文化や芸術が与えてくれる、人間らしさに含まれる想像力が、私たちの日常そのものを豊かにしてくれる光だと信じたいのです。

今の時代だからこそ、あなたにとっての”よりどころ”を考えてみませんか?

今年も、記事を読んでいただきありがとうございました。

来年も、みなさんに出会えるよう進んでいけたらと思います!

Text by どさんこ大学生RUNA

こんにちは!いけかよです。

あなたは断捨離をしたことがありますか?

「断捨離」という言葉も概念もすっかり浸透しましたよね。それに紐づいて片付けの重要性とかミニマリズムとか、ひいては断捨離が運気を左右するなんていうこともよく聞かれるようになりました。

いけかよも「なんか最近、流れが悪いな」とか「思うようにことが進まないな」と感じるとき、その状況を打破する1手として断捨離をすることがあります。

断捨離するのは服とか靴とかカバンとかが多いですが、他にも本とか過去の仕事の書類とか、そういったものを処分することも多いです。

やっぱりモノが減るとそのぶん気持ちいいですよね。必要なものだけに囲まれてすっきりした部屋に暮らすのは心地よいものです。

そして「古いものを手放せば新しいものが入ってくる」というのもよく言われる話。古いワードローブを処分すれば、そのぶんクローゼットには新しいものが入りますから。

しかし、いけかよは、自分や自分の人生をもっと良くしていきたい!と感じるとき、服やカバンのように簡単には捨てられないけれども、捨てると強烈に日々が変わるなと感じるものを2つ発見しました。今回は、そのお話。

「お金」と「自信」

1つめは「お金」。

もちろん、進んでお金を捨てるようなことなんてしませんから、お金を「なくす」というのが正しい表現です。

いけかよは、過去に自分自身が大きくジャンプアップしたなと感じた時は、だいたいいつも「お金ない!どうしよう!」となっていることが多いと気づいたのです。

ほんとうに情けない話ですけど、頑張って稼いだお金を、いろんなことにぱーっと使っちゃって、お金がたくさん減った後に予期せぬことが起きて生活がグラつく、ということがよくあるのです。これは会社員のときももちろんそうでしたし、フリーランスになって会社員のときよりも多少ゆとりのある生活ができるようになった今でも、同じです。

わかりやすいのは、仕事を辞めざるを得ない状況になったり、急に契約終了することになったり、クライアント都合でフィーを減らされたりといったようなこと。もちろん焦りますし真剣に悩みます。生活もかかっていますから、否が応でも必死のパッチです。

そうすると、次になくなってくるのが「自信」です。これが2つめの要素です。

会社を辞めたり、契約していたお仕事が終了したりといったことはありふれたことです。特にフリーランスなんていう不安定な働き方であれば当然です。なので、次また新しい仕事を探せばいいや、と気楽に考えていますし、それこそ古い仕事を手放すことで新たな、もっと素敵な仕事に巡り合うというのは会社員時代から繰り返してきたことだったので、いけかよはわりと仕事を手放すことについては慣れていると思っていました。

しかし、なかなか新しいお仕事が見つからないときもありますし、商談をしても契約に至らないといったことも起こります。

すると、やはり自信がなくなってくるのです。

「いままでわたしがやってきたことってなんやったんやろう」

「いままでわたしがやってきたことには大した意味なんかなかったんやろうか」

「いままで●年間この仕事してきて、わたしは果たして成長できてるんやろうか」

こんなふうに、どんどん自分自身がブレて、心が折れそうになります。

こうして、お金と自信とは、連動しやすい要素だともいえます。

そして、執着しやすいものだとも。

これまでの自分を取り壊す

いずれも、断捨離するにはかなり抵抗があるものですし、みずから投げ捨てるようなものでもありません。

なので、いけかよも過去に好き好んでお金や自信をなくしたわけではありません。でも、振り返って考えると「そうならざるを得ない」ような経験がたくさんあるのです。そして、お金も自信もないという、いわば満身創痍な状態でお尻に火がついてもがいた後に、いつもまるでギフトかのように新たなステージが用意される、というパターンを何度も経験しているのです。

それはなぜか?考えてみたのですが、お金と自信というのはいわば「過去の自分」が作ってきたものの象徴ですよね。

お金も自信も、お仕事やその他のさまざまな経験を通じて得ていくもの。そうやって得られたお金と自信は、言い換えればそのまんま「これまでの自分」だと言えると思うのです。

そして、なにか流れが悪いなぁとか、人生変えたいなぁと思っているモヤモヤ期って、きっと「新しい自分」になりたいと思っているとも言えると思うんです。

新しい「これからの自分」が、これから稼ぐお金や培う自信は「これまでの自分」が得てきたそれらをなくさなければ積み重ねられないのかもしれないと思ったのです。

いわば、古い建物はいったんすべてとりこわして更地にしなければ新たなビルは建てられないようなイメージです。

良い子は真似をしないでください

今回お話したことは、いけかよだけの話かもしれませんので、くれぐれもみずから積極的にお金や自信を投げ捨てるようなことはしないでくださいね。

お金も自信も、自分を安心させてくれるものです。ですから、わたしたちはそれらに執着します。

でも、わたしに限って言えば、中途半端にお金や自信があるときって必死さがないので、やっぱりそれなりの努力しかしないし守りに入ってしまう。すると結果的に得られるものもインパクトが小さい気がしています。

なので、やはりわたしが人生を変えたいときって、お金と自信の断捨離が必要なのかもしれないと思ったのです。

もっと余裕をもって、安心して、安定した日々を過ごしたいと思う反面、そもそもフリーランスという不安定な働き方を選び、同じことの繰り返しが苦手で飽きっぽいわたしには「安定」こそが「不安定」なのかもしれないのです。

もちろん、渦中にいるときはしんどいですし必死です。「なんでこんなことになっちゃったんやろう」と落ち込むこともありますし、情けなくて不安で泣くこともあります。

でも、お金も自信もなくすということはすなわち「これまでの私」に別れを告げ、「これからの私」を招き入れることにほかならないと、いけかよは自分の人生での経験をもって腹落ちしているのです。

めちゃめちゃきついですけど、いまのいけかよにはこれが「人生を変える特効薬」なのかもしれません。荒療治ですけど…。

いつか穏やかにゴールデンレトリバーと戯れながら、LAの海沿いの家で優雅に昼ビールを飲みつつ「次はなにしよっかな〜」と遊びのプランでも立てるかのようにビジネスアイデアを妄想していたい…と、妄想しているのですが、そのためにはあと何回この荒療治が必要なのでしょう…(遠い目)。

そんなこれからのわたしに期待しつつ、いけかよのもがきはまだまだ続くのです。

では、また!

Text by いけかよ(よむエラマ編集長/エラマプロジェクトCPO)

こんにちは、あいすかです。
11月も下旬を迎え、先週から関東も一気に寒くなってきました。
冬を感じ始めている今日この頃です。
みなさん、お変わりなくお過ごしでしょうか。

わたしの今秋といえば、子どもたちの運動会2回、お祭りが数回(学校や地域を含めて)、地域住民の方々との対話の会に参加するなど、対面でのリアルイベントが目白押しでした。
全力を尽くして頑張っている子どもたちや大人たちと共に過ごし、応援したりサポートしたり。心も身体も動きの多い季節だったなぁと、しみじみ感じています。
そんな自分をちょっと休憩させてあげながら、お手紙を書いてみたいと思います。
今回もしばし、かあちゃんの手紙にお付き合いくださいませ。

遠くを見つめなくても宝物は身近にたくさんあった

前回の記事で、フィンランド旅での出会いについて書かせていただきました。

帰国後、わたしも娘もフィンランドへ行く前と変わらず、日常を過ごしています。

旅のことを忘れてしまったわけではなく、むしろ初フィンランドで得た気づきは沢山ありました。フィンランドでの体験が帰国後の日常生活のなかにスッと同化して入り込んでいるような、この感覚は何なのだろう。わたしなりに考え続けてきました。

答えなのかどうかは分かりませんが、最初からわたしはフィンランドで何かを見つけたいと目標を定めて行ったわけではありませんでした。

これまでの経験や学びを整理し、コロナ禍での生活や環境で変化したこと、変わらないことを自分のなかで納得するためにフラットな感覚で旅をしていたんだろうな、と振り返っています。

帰国した直後も、仕事ではなく家族のことや地元である鎌倉市のイベントばかりに参加していました。

例えば伝統行事やお祭り、行政主催の市民交流の場「わたしたちの地域版フォルケホイスコーレ」への参加などです。

特に「地域版フォルケホイスコーレ」は、この地域をご縁に、10代から80代までの老若男女、職業も趣味も多種多様な方々が集う不思議で魅力的な会でした。

約2か月間、同じメンバー20人とリアルに交流しました。みんなで身体を動かして、対話して、学校のような、でも既存の学校や塾のような“クラス”とは全く別物。全行程を終了し、少し時間がたっているのに、いま思い出しても実に楽しい。

単純明快、表現力のかけらもありませんが(笑)、心を“ぷるっ”とさせられた感じ。この揺さぶられ感は、久しぶりだったのです。

誰かがなにげなくはじめた話を聞き、掘り下げていき、気づいたら全員で対話をしていたり、小学生向けの思考ゲームに参加者の大人たち全員でトライし、そこからハッとさせられるような気づきがあったり(詳しい内容については、今後受ける人たちがいるので、ここでは書けず、ごめんなさい)。

これまで、同じ町で同じ空の下で生活してきた人たち同士が、ひょんなきっかけで出会い、お互いの交流を通じて、予想外のものを発見できた感動があり、まさにセレンディピティ(思いもよらない偶然がもたらす幸運)の一言に尽きると思いました。

この体験は、未来を想う市民として、各々がそれぞれの現実や半径数メートルくらいの距離感に関心を持ち、いまの人生に重ね合わせているようでした。

 わたしも、そのひとりでした。

相手のことをもっと知りたいと思う気持ち

イベント初日、自己紹介の場面でも、もうひとつ、面白い体験をしました。

初日は対話の時間だったのですが、ファシリテーターの方が2人いました。そのお2人は子ども向け教室を主催している方で、漫才のような会話をしながら、参加者ひとりひとりに丁寧に向き合い、そのひとがどういう人なのか、みんなにも伝わるように幾度も繰り返し質問をするのです。

それが、根掘り葉掘りというような嫌な感じでもなく、話している本人の心情も汲み取りつつ、話した本人の言葉はそのままに、内容については具体的な例に置き換えたり、抽象化してみたり。
全員がそれぞれの頭の中で考えたうえで、思考と想像が心地よく行き来しながら共通認識ができるような、そんな聴き方をしているのです。

大概、自己紹介で深い話などしませんし、「まず、最初の乾杯はビールで!」と同様、単なる形式的な場作りであることが多いものです。だから、自分と興味関心が異なっていたり、共通項がない人の話などは聞き流してしまうことが大半だったりします。

人に関心を持っているかどうか、その場の空気感で分かります。

正直、話があちこち飛んだりするので、ファシリテーターという感じではありませんでしたが、参加者ひとりひとりのことを深く知ることができ、はじめましての関係性のなかで、これまでにないくらいの心地よさをわたし自身も体験することができたのでした。

お2人はこれまで、子ども向けの教室でも大人向けの講座でも、ファシリテーターや司会をしているという気持ちを持ったことは一度もないそうです。

「ちゃんと場をまわそうと意識すればするほど、目の前の相手をみれなくなる。そうすると、人と人が混ざりあうことで生じる起爆的なおもしろいことが起こりにくくなるように思うんです」

そうおっしゃっていました。
その通りなのかもしれません。

自分のことをまっすぐに見てくれている人がいると分かった時、人は誰しも幸せな気持ちになるのではないでしょうか。相手のことももっと知りたいと思う。

もし、自分以外の人に興味関心が持てなくなってきたり、そんな気持ちが湧いてこなくなった時こそ、いま一度、自分自身に立ち返ってみるタイミングなのかもしれません。

地域から家族へ。代り映えのない大切な日常に

自分の住んでいる場所は何も変わっていません。だけど、想像以上に他人に関心をもっているこの地域の人たちと出会えたことによって、わたしの街をみる景色、目の前の世界は明るく広がっていきました。

住んでいる場所とは日常の生活拠点であり、とても現実的でシビアな出来事は、常に点在しています。

フィンランドを旅していた時のような、ゆったりとした時間の流れを感じることも少なくなりました。

それでも、わたしは日常生活のなかで、自分以外の人に関心を持ち続けていたいと思います。

代わり映えのしない日常だけど、一緒に暮らす家族がいる。この家族なら、飽きない人生を送れるような気がしています。

いま、とても幸せなのかもしれません。

いつも外にばかり求めて突っ走ってきたわたしですが、そろそろ人生の折り返し地点、ちょっと休憩して、後半戦に向けてパワーを蓄えておこうと思います。

Text by Äiskä あいすか(Cheer up girls★かあちゃんライター)

追伸
コロナ禍から、こうしてよむエラマで約2年間、こうしてお手紙を書かせていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

また、お会いする日まで、キートス!!

こんにちは!エラマライターのひらみんです。

今回はいつもより興奮度高めの映画レビューです。

これまで、SISUをテーマにした本のブックレビューを2本書いてきたわけですが、ここにきて、SISUをテーマにした映画がフィンランドからやってきました。

これは映画レビューを書かねば!ということで、上映初日に行ってきました。

映画『SISU/シス 不死身の男』公式サイト
https://happinet-phantom.com/sisu/

実は私、好きな映画は007とダイハードで、死なないおじさんが大活躍するアクション映画が大好き。ハリウッドぽい、爆弾どかーん!マシンガンダダダー!炎メラメラ〜!ヘリコプターひゅーん!っていう映画を見ていると、日常生活ではありえない状況に笑っちゃって、なんだかスッキリするんです。

とはいえ、人が殺されるのは苦手、という方もおられると思います。この映画は、後半はほぼそんなシーンで、しかもけっこう残虐だし、痛そうなシーンもたくさんありますので、苦手な方は、やめといた方がいいかもしれません。ポスターをご覧の通り、フィンランドだからと言って、ほんわか幸せな映画ではございませんのでね。

死なないおじさんアアタミ

ストーリーは、映画のサイトにあるので、興味をお持ちいただけた方はそちらをご覧いただけるといいなと思いますが、ロシアとの戦争で家も家族も失ったアアタミが主人公です。ロシア兵から「不死身」とあだ名をつけられた伝説のフィンランド兵でしたが、今は軍隊を引退した状態で、金を掘っています。

第二次世界大戦終盤のドイツ兵に金を狙われて追いかけられ、フィンランドの大地を逃げるんですけど、さすがに殺されかけて金を強奪されます。けど、そこからさらにそいつらを追いかけて…というのが大まかな話です。

最初は、曇り空で高い木も山もなく、平地が広がり、大地の草が赤く映えるフィンランドの晩秋みたいな景色が綺麗です。馬と犬とともに生きる男の生活が描かれていて、ここから怒涛の殺し合いが行われるとは思えない牧歌的な雰囲気。

そこから、金を掘り当てて、ドイツ兵に追われます。

大事な馬は殺されて、金も取られて、犬も殺されそうになって、誰も味方はいない。挙げ句に街が焼き尽くされて、フィンランドの民たちが殺されていることに対して、アアタミはめちゃめちゃ怒って、容赦なくドイツ兵をバリエーション豊かに殺していきます。

しかしアアタミが本当に不死身なんです。死ななすぎて笑っちゃう。

銃で撃たれても銃弾を身体から無理やり出して、麻酔もなしで、傷跡を自分でホチキスするし、背中が燃えても池に飛び込んで逃げ延びるし、池の中でも酸素を得て、絞り首にあっても、身体を支えて生き延びます。

これでもかというほどやられても死なない。

SISUとはなにか

しかし、単なるアクション映画に収まらないこの映画では「SISUとはなにか」ということを説明してくれています。

映画の冒頭で、SISUについて「持っているものをすべて奪われて、最後に出てくるもの」と説明されていました。

また映画の中盤では、ドイツ兵に「彼は不死身なのか」と聞かれて、女性が「彼はあきらめない」と説明するシーンもあります。

ここにSISUの本質があったように思います。

SISUをwebで検索すると、強い意志とか反骨精神とかっていうのが出てきますし、SISUの本のブックレビューでもそういうことは思いました。しかし私は、映画の中でも言われているように、SISUとは「諦めない」なんじゃないかなと思い始めています。

この映画では極限状態ではあるものの、諦めないから、逆境にあっても立ち向かっていけるし、諦めないから、目標達成のための道筋を見出せるし、諦めないから、努力を継続できるんじゃないかなと思います。

「なにを諦めないのか」という「なにを」の部分は、その人や状況によって変わってくるから、翻訳できないのかなと感じました。

この映画では、「金を取り戻す」ということですが、私たちの生活の中だと、その人によって違うと思うんです。仕事の成功かもしれないし、健康に生きることかもしれないし、パートナーとの関係の維持かもしれません。

SISUがある人は周りを目覚めさせる

映画の中で、アアタミの存在が、捕らえられていた女性たちのSISUに火をつけたように感じました。ドイツ兵からアアタミの話が出てきたときに、彼女たちの目が変わったように見えたんですよね。

この映画を見て、SISUを持っているアアタミが物理的に強いことだけじゃなくて、強いSISUを持つ人は誰かのSISUを目覚めさせるイグナイターの役割をも果たすんじゃないか、という新しい視点が自分の中に生まれました。

映画のサイトに

観終えた後 己の心に”たぎるもの”、それが<SISU>だ!

とあるんですが、SISUは誰しもが持っているのに気づいていないだけで、それにアアタミが火をつけてくれるような気がするんです。映画の中の女性たちのように。

この映画を見て、しびれる人は、あなたの中にあるSISUをアアタミに目覚めさせられているんじゃないかなと思います。

これぞフィンランドを感じる映画

SISUとは言ってませんが、ダイハードでもジョンマクレーンはSISUを持ってたと思うんです。もうダメだ、と思った時にも「負けたくない・負けられない・負けるわけにいかない」と相手に向かっていく、そんな姿がかっこいいんじゃないかなと感じました。

この「負けない三段活用」がSISUを形作り、諦めずに戦おうとする姿に、私たちはグッとくるのではないでしょうか。ぴったりと翻訳できないからと言って、フィンランド人以外は持っていないということはないと思うんです。

フィンランドの映画って、これといった大事件も起きずに淡々と日常の話が進む、どことなくおしゃれな映画というイメージが強いと思うのですが、それらとは全然違う方向だけど、私はこの映画はとってもフィンランドらしい映画だと思います。

晩秋のフィンランドで、曇り空で色の少ない景色も楽しめるし、不死身のおじさんアアタミは典型的なフィンランド人のイメージで、むっつり無表情で、口数も少なく、薄幸そうな感じです。犬も馬もかわいい。

SISUについて考えるきっかけをくれる映画なんて、フィンランド以外で作り出せません。興味がわいた方はぜひ劇場へ!

映画『SISU/シス 不死身の男』公式サイト
https://happinet-phantom.com/sisu/

Text by ひらみん(ふつうの会社員)

こんにちは!いけかよです。
わたしはお金をもらって文章を書くようになってから10年弱くらいになります。
とはいえ、1本あたりの単価はそんなに高くないので、執筆以外のお仕事もたくさんしています。それに執筆スピードもわたしは遅いので、過去に書いてきた記事数は執筆をメインのお仕事にしているライターさんに比べればとても少ないと思います。

しかしそんなわたしですが、文章を書くための講座をこのエラマプロジェクトで実施しています。10年弱の間で培ってきたスキルと経験とわたしの哲学をぜんぶぶち込んだ力作です。
それに加えて侑美さんからブランディングも同時に学べるという、盆と正月がいっしょに来たようなワークショップになってます。

ということで今回は、もう最初に告知しちゃいます。
2023年、11月25日&26日に名古屋で実施します。
ご興味のある方はぜひ以下のサイトをチェックしてみてください!

エラマライター養成講座(2日間プログラム)
〜Chat GPTに負けないライターになるために〜

https://elama.be/workshop/tobewriter/

で、ここからが本題です。
決して執筆量は多くない方だとは思いますが、この10年、わたしはライターや編集のお仕事は緩急あれど途切れずずっとご依頼をいただいてきました。ありがたいことです。

「ライター」と一言で言ってもさまざまな種類と専門領域があります。
コラムニスト、エッセイスト、ブロガー、記者、ルポライター、コピーライター、インタビューライター、PRライター、SEOライター、ブックライターなど。作詞家や作家や詩人や脚本家なども、広い意味ではライターと言えるでしょう。
そもそも、紙媒体とWeb媒体でもお作法や求められるものは違いますので、さらに専門性は細分化されます。

こういった人たちは、それぞれの専門分野で才能を発揮し、それを武器にお仕事をしていらっしゃいます。
彼ら、彼女らにあるのは当然ながら「書く力」です。

ライターをしていると言うと、まあ、みなさん「すごいですね」とおっしゃいます。何でもそうだと思うのですが、デザイナーだとかミュージシャンだとかイラストレーターだとかのクリエイティブかつ専門分野の仕事は、ちょっと普通とは違う才能の持ち主だと思われがちです。
もちろん、わたしもライター以外のプロの領域にはなんの口もだせないのですけども、ここで言われる「すごい」は、社交辞令もあるでしょうけども紐解けば「書く力があってすごい」ということでしょう。

でも「書く力」ってそもそもなんなのでしょう?
今回は、わたしがなぜ今のように文章を書く仕事をするようになったのかの経緯をお話しつつ、「書く力」の中身を深掘っていきたいと思いますっ!

気づく力

ここで、わたしがお金をもらって文章を書き始めたときのことを少しお話させてください。

まだ会社員だった頃です。
その当時、わたしがおもしろいなーと思ってメルマガを購読していたとある若い起業家さんがいました。ある日のメルマガに「女性向けのWebメディアを素人ライターを集めてやりたいので、記事書きたい人募集します」とあったのです。
それに応募してみたのがきっかけでした。

それまでの私は、ブログすらまともに書いたことはありませんでした。子どものころから読書と作文が得意ではありましたが、わたしが大学で専攻したのはデザインで、仕事として進んだのは広告やWebの世界でした。

でも、そのメルマガにはぴんときて、特に出せる作品もポートフォリオもありませんでしたが、自分のSNSを見せて意欲を伝えたところ、なぜか採用になりました。これがわたしのライターとしてのスタート。「コンテンツマーケティング」が全盛の頃です。

そのメディアは女性向けということでしたので、わたしは我流で自分の経験と持論を展開することになります。テーマは仕事や恋愛や生き方など、自分の等身大の価値観でした。

それまではブログですら情報発信なんてしようと思っていなかったのに、いざ「お仕事」という「打席」に立つと、自分のなかからさまざまな言葉や考えが出てきました。
もちろん悩むこともネタにこまることも考えがまとまらず意味不明なままリリースしたこともあるのですが、わたしが思ったのは「機会をもらえればできるんだなぁ」ということでした。

そして、打席に立って初めて発動したのが、自分のなかにある「違和感」でした。

その違和感というのは、生きていれば誰にでも生まれるであろう他愛無いもの。ざっくりいえば「常識」に対する違和感です。
仕事に関する常識、恋愛や結婚に関する常識、「女」という存在に関する世間の常識、生き方に関する常識…。
みなさんも、そういったもろもろの「常識」的なものを押し付けられたときにモヤモヤしたりイラッとしたり納得いかなかったりしたことって、ありますよね?
でも、そのイラ&モヤは、あまりにも他愛なさすぎるし、考えたって仕方ないことだし、自分なんかがいろいろ言ったって世の中なにも変わらないしということで、普通はスルーしてしまうようなもの。

しかし、いざなにかを自分のなかから絞り出さねばならないとなったとき、このイラ&モヤ=「違和感」は、強力な材料になったのです。
そのための力は、些細なことに「気づく力」。自分のなかに芽生えた小さな小さな火種を消さないようなイメージです。

お仕事という打席に立ったことで、日常茶飯事のイラ&モヤをしっかり見つめる選球眼を得たという感じ。これは、ある意味のそのプレッシャーがなければ見いだせないものでした。

問う、そして対話する力

そして、なにかに気づいたらその次に必要な作業は「絞り出すこと」です。
お仕事ですから、なんとかどうにか言葉を絞り出して書いて形にせねばなりません。
自分のなかに芽生えた小さな火種を、いかに大きな松明にするか。キャンプファイヤーにするか。絞り出すのは、さまざまな思考と言葉です。

この「絞り出す」を支える力というのが、「問う力」「対話する力」なのです。

それは自分と対話する力でもあるし、インタビューするときには相手と対話する力でもあります。

「それはなぜ?」
「なんのために?」
「本当にそれでいいの?」
「わたしは/あなたはどうありたい?」

などなどを問い、その答えを対話しながら導き出していく。

この「問う力」こそが、人間にしかできないことなんじゃないかとわたしは思っています。

Chat GPTが一般化されたことで、AIはぐんと身近なものになりました。プロンプトをいじるだけでほしいテーマにそったブログが1分で100本とか作れるようになった今、とあるクライアントに「ライターさん大変でしょう?」と同情をにじませた表情で微笑まれたことがあります。

そのときには「泣きそうですぅ」と答えましたが、正直書き手としてAIというのは味方にこそなれど脅威になるとは思っていません。
もちろん、ライターといっても資格があったりするわけではありませんから業界は玉石混交。AIによって仕事を奪われるライターもいると思います。

そうなるかならないかの大きな違いは、この「問う力」があるかないか。
AIは答えはくれるけれども問うてはくれません。
AIを使いこなすためにも、適切に問うことは基本中の基本です。

今必要なことはなにか?
この出来事の本質はなにか?
今わたしたちが求めていることはなんなのか?
今わたしたちがやるべきことはなんなのか?
わたしは/相手はどんな答えをどんな形でほしいのか?

この問いに対して、自分のなかのもう一人の自分から、もしくは他者から、AIから、答えを導き出すことで、思考と言葉が積み重ねられ、「書く」という作業に繋がっていくのです。

そして、適切な「問い」を繰り返していくことこそが「対話」。
「問い」と「対話」は地続きの関係だとわたしは思います。

でも、まずは問うことからはじまる。
問うことができないライターは、SNSポエムすらも書くことはできないと思うのです。

書く力は、モテる力

なんて、小難しくつらつら書いてきましたが、いけかよが思う現時点の「書く力」の構成要素は「気づく力」「問う力」「対話する力」この3つです。

そう思うと、これらの力が武器になるか?という問いに対しては「そらなるやろ!」という答えになると思います。

なぜなら、「気づく力」「問う力」「対話する力」この3つがある人って、いうなれば「打てば響く」人。つまり「めっちゃおもろい人」ということになると思うのです。

例えば「これってどう思う?」と聞いてみた時に「いや…なんとも…」と引き気味に返されると、この人つまらんなって思ってしまいませんか?(そもそもの「どう思う?」の問いがつまらないからなのではというツッコミは今はご容赦ください)
もしくは悲しくなってしまいませんか?
ぜんぜん打っても響かない。

じゃあこれが「打てば響く」な場合だとどうなるか。
「これってどう思う?」という投げかけに対して、相手が何を求めているかに「気づき」、「自分はこう思うけど、どう?」と「問い」、そして「対話」が始まる。

これって、相手も気分良くなる可能性が高そうですよね。

わたしは、前述のように女性向けメディアで持論展開コラムを書き始めた時、自然と「読後感」を意識するようになりました。
なぜなら、とても失礼を承知で言いますが、他のライターさんたちの記事を読んだ時、読み終わってからイラっとしたりモヤっとしたりすることがあったからです。言ってることは間違ってはいなかったとしても、です。
いまとなっては、そのコラムやライターさんはわたしにとってすばらしい学びをもたらしてくれたと言えます。

「このモヤモヤはなんでやろう?とにかく自分はこういう書き方はしたくないな。でも、普通のことも書きたくないな。じゃあどうすれば?」という問いを促してくれたからです。

そこでわたしに芽生えたのは「良い読後感をつくる」という意識でした。
「読んでよかった」という気持ちをもたらすことです。
言いたいことは言うけど、最後は希望を持って終わらせる、ということを決めたのでした。
(とはいえもちろん今でも書いて失敗することはあります)

これを、人と人との会話に照らし合わせてみると「なんかあの人としゃべると元気になる」とか、「あの人めっちゃおもろい」とかになると思うのです。

これは「コミュ力」とも言うかもしれませんし「言葉の力」とも言えるでしょう。
そしてそれは「書く力」とも同義語だと思うのです。「作文力」ではありません。つまりはAIには持ち得ない力です。AIが得意なのは、現時点では「作文」であって「対話」ではないからです。

言葉の力で、元気になったり楽しくなったりする人を増やしたい。
これは、わたしがたまたまご縁があって人に文章の書き方をアドバイスするようになってから意識しはじめたことです。

2010年頃から流行り始めたコンテンツマーケティングにより、あらゆるWebメディアが生まれては閉じていきました。モノを売らんがためにつくられたメディアも当然多かったですが、「このメディアで世界を救いたい」と思っていた人もいました。
しかし、現時点でWebメディアが世界を救ったとはいえません。しかし、たった1本の記事が1人の人間を救うことはあるかもしれない、と思うようになりました。

そんな思いで、そんな記事を書ける人を少しでも増やすことができたとしたら、それって世界を救えるんじゃないか。

ちょっとマジでそう思っているのです。

そしてなにより「なんかあの人としゃべると元気になる」とか、「あの人めっちゃおもろい」って思ってもらえる人って、ぜったいモテますよね。

そう、いけかよは、もっとモテる人をふやしたくって、ライター講座をやっていると言っても過言ではありません。
モテる人がいっぱいいる世界って、どう考えても素敵じゃないですか。

というわけで。
書く力をつけたいあなた。
仕事できる人になりたいあなた。
AIにビビっているあなた。
モテたいあなた。
ぜひ、いけかよといっしょに「書く」ことを探求しましょう!

名古屋にてお待ちしています。

2023年11月25日&26日 @名古屋(対面のみ。オンライン開催はありません)
エラマライター養成講座(2日間プログラム)
〜Chat GPTに負けないライターになるために〜

https://elama.be/workshop/tobewriter/

過去の開催レポートはこちら

Text by いけかよ(よむエラマ編集長/エラマプロジェクトCPO)