日本の先人から学ぶ人生デザインワークショップ

〜エラマアートプロジェクト〜

日本の先人から学ぶ人生デザインワークショップ

Overview

伝統芸能で「わたし」の人生をデザインする豊かな時間

詩舞(しぶ)という伝統芸能をご存知でしょうか?

漢詩や和歌の「吟詠(歌うこと)」に合わせて舞う、日本の伝統芸能の一つです。

この講座では、日本史に登場する先人をテーマにした詩舞を鑑賞して、先人の人生を見つめながら「豊かで幸せな生き方」を考えていきます。

現役国語教員による解説付き

このワークショップでは、
「詩や作者への理解」
「詩舞の鑑賞」
「対話」
を大切にします。

詩の内容や作者の想い・人生に関する解説を聞いた上で、詩舞を鑑賞していただくことにより、その世界観を深く感じ取ることができます。

詩舞の舞い手から、舞に込めた想いを聞けるのもポイントです。

さらに、詩舞から感じ取ったことを参加者同士で対話することで、この講座の内容を「自分事」として落とし込んでいただきます。

初めて詩舞をご覧になる方にも分かりやすい内容になっております。

対象の方

  • 日本の先人の人生を知って
    「わたし」を励ましたい方

  • まだ知らない日本の伝統芸能に触れて、自分磨きをしたい方

  • 日本にいることに誇りを持ちたい方

  • 芸術と人生デザインの融合を
    体験したい方

Flow

講座の流れ

オンライン(zoom)で開催します

  • 橘 茉里(たちばな まり)

    1国語的解説

    先人の人生を学ぶ

    現役国語教員がわかりやすく先人の人生と、うた(詩)の解説。
    担当は、高校国語教員で和文化スペシャリストの橘茉里氏。

  • 2アート鑑賞

    先人のうた(詩)の舞に触れる

    若き剣詩舞道家・見城 星梅月(けんじょう せいばいげつ)氏による詩舞を鑑賞。
    本ワークショップのために作成された曲に乗せて、先人の詩(うた)を伝統芸能の舞で「人生」に触れます。

  • 石原侑美 近影

    3ワーク

    「わたし」の人生への気づきをまとめる

    舞の鑑賞後は、フィンランド式生き方デザインを伝える・石原侑美(エラマプロジェクト代表)のリードによる「わたし」の人生へつなぐワークを実践。

Performer

出演者紹介

講師を務めるのは30代のプロフェッショナルたち。
本ワークショップは、剣詩舞道家(見城星梅月)と国語教師(橘茉里)のユニットが、これまで「伝統芸能×国語」をキーワードに、詩舞をより身近に楽しむためのイベントを多数開催しています。
今回はそのノウハウを生かしつつ、エラマ流にアレンジした講座をご提供します。

橘 茉里(たちばな まり)
国語的解説

橘 茉里

国語教師、香司、和えらま共同代表

現役の国語教師として、私立高校に勤めている。
日々、高校生の感性や発想に刺激を受けながら、国語という教科の枠に留まらない日本文化の伝達や、生徒の将来に役立つ実学としての教育を模索している。
一方で、匂い袋、線香、練香などを調合する、和のお香のプロである「香司」の資格を取得。
2020年、「和の文化を五感で楽しむ講座」を立ち上げ、教員として働きながら、パラレルワーカーとして、日本文化とお香制作を掛け合わせたワークショップ等を社会人向けに開催している。

茉里先生が主宰する「和の文化を五感で楽しむ講座」
[URL] https://www.tachibana-workshop.com/
[Facebook] https://www.facebook.com/tachibana.workshop

伝統芸能の伝承師

見城 星梅月(けんじょう せいばいげつ)

剣詩舞道家(公財公認)

(公財)日本吟剣詩舞振興会公認
日大芸術学部演劇学科日舞コース卒業
2才より祖母・見城皛嶺、母・見城星舟に師事
2013年度 公益財団全国剣詩舞コンクール決勝大会 優勝、NHK杯・会長賞受賞
2018年度 静岡市芸術文化奨励賞受賞
6才より日本舞踊を藤間和秀に師事
大学卒業後、藤間恵都子に師事
舞台に出演以外にも、剣詩舞を通して和の文化も伝えられるよう、ワークショップで体験できる機会をつくるなど活動する。

星梅月さんの活動はこちらからチェック
[Instagram] https://www.instagram.com/s__baigetsu.vv/
​[Facebook] https://www.facebook.com/maya.yokomuro

石原侑美 近影
主催者・朗読

石原 侑美

フィンランド生涯教育研究家、Elämäプロジェクト代表

過去に、(一社)自立学習推進協会の理事として従事。
教材制作、教育関連イベントのプロデュースや運営に携わり、家庭環境が教育業界に明るいことから、フィンランドの教育事情に詳しくなり、フィンランドとの接点も多くなる。

2017年にElämäプロジェクトを立ち上げる。
現在は、Elämäプロジェクトを「ライフロングラーニング(生涯学習)」として「フィンランドから学ぶ人生の道を描くワークショップ(述べ200名以上受講)」や、フィンランドツアー、飛騨高山ツアーの開催など「豊かで幸せな生き方」を様々な切り口から発信し、自ら探究している。
「フィンランド式生き方キャリアデザイン講座」を大学、高校の授業で臨時講師を務めたり、その他全国でフィンランドの生活、SDGs、教育について講演活動を行なっている。

Application

お申し込み